刑事事件に強い弁護士が送るシティ情報番組

刑事事件に対応する弁護士について

様々なノウハウと実績を積んでいる刑事事件弁護士

テレビ局の建物
弁護士というのは様々な領域でビジネスをしていますが、刑事事件については専門のエキスパートと言う人間が存在します。
刑事弁護専門の弁護士はその道のエキスパートで、多くの経験を積んでいます。
刑事の裁判となるとやはり通常の民事裁判とは違い、独特なルールがあります。
単に法律の専門家というだけではなく、具体的な事件ごとに詳しい人間が求められるようになってくるのです。

民事とは異なる特殊な手続きがあります

とくに刑事関連で逮捕された場合には起訴前におこなうべきことが沢山あります。
そのためこうした手続きに強い弁護士に早い時期に依頼をすることがきわめて大切になってくるのです。
一旦選任されれば弁護人は被害者と接触して示談交渉を行うことも可能となりますし、容疑を打ち消すための証拠集めに奔走するといった作業を依頼することもできるのです。

起訴前に示談交渉も行ってもらえます

とくに刑事事件では被害者がいる場合があります。
起訴にいたる前に示談交渉が成立していることが、きわめて被疑者にとって有利な展開になることが多いのです。
時に不起訴処分になったり、起訴されても執行猶予処分となるなど、さまざまな軽減措置につながることがあります。

どのタイミングで刑事事件弁護士に依頼するか

テレビ局の放送用カメラ
したがって被疑者にとっては被告と呼ばれる前に弁護人に依頼して、さまざまな行為を行ってもらうことが実際に必要になってくるのです。
ここで弁護人とうまく連携がとれないと、せっかくの不起訴のチャンスを無にしてしまいかねないことになります。

依頼することで初めて弁護士は動ける

その意味ではとにかく早い段階で弁護士を確保して、その方に実情を話し、どのように振舞っていくのがいいのかアドバイスを受けなくてはなりません。
情報の提供と依頼を元に、弁護人は段取りを組んで活動をしていくことになります。
被疑者にとっては、いかに刑事事件に経験豊富で安心して依頼できる弁護人を確保するかが大変大きなポイントになってくるのです。
限られた時間のなかで動き方を優先順位を間違えれば大きな損失を招くことになるからです。

弁護士探し → 刑事事件弁護士相談広場 | 不起訴、早期釈放なら相談無料

最新刑事事件ニュース